□KEMSのしくみ
○KEMSの特色

@KEMS認証取得の目的
 環境問題に関心を持ち、日常的に
取組ができるようになることです。

A対象組織・業種
 あらゆる規模・業種の組織(企業、
自治体、学校等)で取り組めます。

B規格の内容
 内容や表現を簡単で取り組みやすくし、
段階的に取り組める二つのステップを
用意しました。
 なお、「規格」とは別に、取組の手順等を
わかりやすく説明した「構築の手引き」及び
「マニュアル作成事例」も用意しています。



「環境マネジメントシステム」は、企業等の経営に
当たって、環境への負荷(排ガス、電気・ガスなどの
使用等)などを管理・低減するための仕組みです。


○取組内容
KEMSの取組には、つぎの2つのステップがあります。
ISO14001の認証取得を目指される場合などは、ステップ2から始めることもできます。

●ステップ1
  環境問題に取り組み始めた段階を想定したもので、ここでは、自分たちの組織にはどのような環境負荷があるかを把握し、次に環境宣言(自社の環境取組の基本的な考え方を示すこと)を行います。そして、目標を持ち、計画を立てて実行し、社長などの最高責任者が評価します。
●ステップ2
 将来「ISO14001」の認証取得を目標に取り組む段階で、ISO14001と同じ要求項目(法律等登録リストの作成、社員への環境教育など)を設けています。


取組手順

KEMSの取組内容 参考:ISO14001との違い
最高責任者の決断 最高責任者(社長など)が、会社を挙げてKEMSに従って環境保全活動に取り組むことを決断します。 環境問題に取り組む気持ちは同じです。
キックオフ 社員全員に取組を始めることを伝え、取り組む意思を共有します。 社員全員が共通の意思を持って取り組むのは同じです。
組織体制の決定 社内での役割・分担を決定します。 社内での役割・分担を決定します。
環境影響評価 「構築の手引き」に掲載された方法を参考に、自社の事業活動が環境に与える影響を調べます。 ISO14001では独自の考え方による環境影響評価が必要ですが、KEMSでは、チェックリスト等の簡易な方法を用意しています。
環境宣言 環境影響評価の結果に基づいて自社の環境取組の基本的な考え方を定める「環境宣言」を作成します。 ISO14001では「環境方針」を定めます。
計 画 環境宣言に基づいて、取組の目標を定め、計画を作成します。 ISO14001ではより詳細な計画などを設定する必要があります。
実 行 環境宣言や取組の計画などを記載した社内マニュアルを作成し、全社で取組を進めます。ステップ2では体制づくりとともに文書や記録を作成します。 ISO14001では実施の体制と責任を定め、詳細な環境マネジメントシステム関連文書を作成し、運用・管理する必要があります。
点検 定期的に取組の進み具合を確認し、問題点を直します。ステップ2ではさらに、取組全体について、自社で評価「自己評価」を行い記録します。 ISO14001では一定の資格能力を持った者による「内部監査」が必要です
最高責任者による評価 最高責任者は、定期的に取組全体の点検・評価を行った上で、必要があれば計画等を見直します。 ISO14001とほぼ同じです。


○認証取得のしくみ

認証組織 こうべ環境フォーラム
認証の種類 第1種認証:ステップ1に適合するもの
第2種認証:ステップ2に適合するもの
認証の有効期間 1年間(確認審査を受け更新)
認証の登録と証明 登録証の発行、登録リスト掲載
審査員、コンサルタント 下記の条件を満たす者で、こうべ環境フォーラムが認めた者。
・財団法人日本適合性認定協会に登録されたISO14001審査員補以上有資格者で、KEMS審査員研修講座を受けた者。
審査方法 新規審査登録:書類審査及び実地審査
登録更新:確認審査(1年1回)


○認証取得の流れ

ご相談 こうべ環境フォーラム事務局では、電話、窓口等でのご相談に応じています。
構築講座受講 取組開始から審査登録まで全体の概略を把握します。
取組スタート こうべ環境フォーラムから派遣されるコンサルタントのアドバイスを受けながら、環境取組みの計画等を作成していきます。
コンサルティング
システム構築・運用 作成した計画等に基づき、環境取組みの実施、実施状況の点検、計画等の見直しを行います。
受審申請 受審の準備ができたら、こうべ環境フォーラム事務局に申請します。
書類審査 予備的な書類上の審査です。
実地審査 工場や事務所等で、審査員による審査を受けます。
判定 審査結果の確認、登録の可否が判定されます。
認証・登録 合格と判定されると、登録証を受け取ります。晴れて、KEMS認証取得です。
確認審査
初回登録の1年後から1年ごとに、確認のための審査を受けます。